facebook| plruk| tiwtter | 印刷 | 転送 | フォント:小さい|メディア|大きい

 名産

高粱酒
金門高粱酒
金門高粱酒は金門特産の灌漑農業により栽培された高粱を利用しています。当地の水質は甘く、宝月神泉と呼ばれています。加えて当地の杜氏のプロの経験により醸造された独特の風味を持つ高粱酒は口当たりまろやかで辛くなく、のどごしの良い、冷やして飲むと特に美味しいお酒です。
貢糖
貢糖
貢糖とは落花生を原料にした特色あるお菓子です。その起源は明朝の時代に閩南地区から皇帝へ送った貢物にあります。「貢」糖という名前には2つの由来があり、1つは貢物を指すことから、そしてもう1つは、その製造過程で落花生を〝槓(ゴツン)〞と砕く音から、「貢糖」と名づけられられました。
石ガキ

明朝の時代から、金門の海域では伝統的なカキの生産方法が開始されました。その方法は潮間帯に石を置き、カキの幼生が海水で自然に石板の上に付着するようにします。生産されるカキの粒は小さいですが、その身はしまり、甘くて美味です。数キロも続くカキの養殖は、金門で最も壮観で独特な海岸の景観でもあります。
包丁
包丁
金門の砲弾を鉄鋼原料として使用した包丁は、金門で最も特色のある名産品です。1つの砲弾の弾殻から60丁の金門包丁が製造できます。1958年の「八二三砲戦」では、金門地区に48万発近くの砲弾が落とされました。さらにその後、20年に渡るプロパガンダ砲の打ち合いによって、累積した100万発以上の弾殻が金門包丁材料の材料です。
一条根
一条根
「一条根」は近年新たに人気が出た観光特産品です。これは金門原生の薬用植物で、漢方書には血の巡りを良くし、痛みを取ったり、湿気を除く等の功能があると書かれています。生産量が少ないため、貴重な薬材と言われ、「金門の高麗人参」とも呼ばれています。
カニ

金門の海産資源は豊富で、冬季に獲れる高級食材のカニは金門の冬の一大グルメです。新鮮で太ったカニを蒸すと、素材そのものの味が楽しめます。その他、金門にある一種の伝統的な食べ方は、直接生のカニを高梁酒に漬け込むものです。当地の人は嗆蟹(カニの高粱酒漬け)と呼んでいます。
麺線
麺線
金門麺線と台湾本島の麺線との最大の違いは、製作過程において塩を加えず、当地の天然の太陽光と風で自然乾燥させ、かつ防腐剤を使っていない点です。金門麺線は特別香り高くコシがあり、健康にも良く、しょっぱくありません。
カキ麺線
カキ麺線
金門当地で手作りされた麺線と石カキ等の地方の食材で作られた「カキ麺線」。そのスープは濃厚で、台湾本島の味とは異なっています。麺線のコシと石ガキの甘み、そして豚の腸と香ばしい揚げネギを煮込んだカキ麺線は、頬が落ちるほど美味しい料理です。
焼餅と油条

閩式焼餅は香ばしくサクサクとしていて、甘い味と塩味の2種類があります。甘い味の焼餅には砂糖が入っていて楕円形です。一方、塩味の焼餅には野菜と豚肉が挟まれ、丸い形をしています。また、伝統的な金門の油条にはほう酸ナトリウムは含まれず、揚げても柔らかくサクサクとしています。また、台湾本島の油条に比べ、短かく丸い形です。
広東粥

金門の人は広東粥を作る際に、まず米粒が見えなくなるまで米を煮て、食べる際に肉団子、豚のレバー、魚などの材料を加えます。具だくさんで焼餅と油条を加えれば満腹になります。
鹹粿炸(あげ餅)

金門全島でたった1ヶ所の地方でしかこの金門特有のグルメは味わえません。その場所は金城東門の邱良功母節孝坊のそばにある翁姓老店です。鹹粿炸は純粋な米の汁を蒸した後、冷やして食べる際に棒状に切り、油で揚げたものです。
トップ | ホーム